当院では社員のメンタルヘルスに取り組む企業様をサポートします

メンタルヘルス不調による社員の休職や離職は、企業様の経済的損失以外にも、他の社員にも影響を及ぼし、職場環境の悪化にも繋がりかねません。
「労働安全衛生法」の改正により制度化されたストレスチェック以外にも、今や企業様でのメンタルヘルス対策は欠かせないものになっております。

当院ではメンタルヘルス対策として、不調者の予防、治療、職場復帰、管理職や社員への啓発活動等、メンタルヘルスに取り組む企業様をサポートいたします。

= 企業様よりいただくお悩み =

  • メンタルヘルス不調の社員を減らしたい
  • メンタルヘルス不調の社員に治療を勧めたい
  • 産業医が精神科医でないため、メンタルヘルスに対応できない
  • メンタルヘルス不調者とどう接すればよいか分からない
  • 休職者の職場復帰に向けて取り組みたい
  • 休職者の復帰安定率を高めたい

Support Contents

SUPPORT01

ストレスチェック

「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。

「労働安全衛生法」という法律が一部改正され、労働者が50人以上の事業所では、2015年12月1日から、毎年1回、この検査を全ての労働者に対し実施することが義務付けられました。

= ストレスチェックの目的 =

労働者のメンタルヘルス不調の未然予防(一次予防)が主な目的です。

一次予防)
不調になるのを未然に防止
二次予防)
不調を早期に発見し適切な対応を行う
三次予防)
不調となった労働者の職場復帰を支援

= 早期発見のためのストレスチェック =

労働者のストレスチェックテストの回答を容易にすることで回答率を上げ、メンタルヘルス不調者を早期に発見、治療に結びつけられるように嶺南こころの病院独自のテストを作成しております。

精神科病院の専門医や臨床心理士が監修をしておりますのでメンタルヘルス不調者が発生した場合の対応の適切なサポートが期待されます。

労働者個人へは個人結果を、事業所様へは集団結果をお返しいたしますのでストレスチェック結果の把握が容易に行えます。

= 当院のストレスチェック =

労働者個人には個人結果を、事業者様には集団結果をお返しするので、メンタルヘルス不調者の早期発見や日常生活での対策等をご提案します。

個人結果)
リスク判定・日常状態・日常生活上のアドバイス提示
集団結果)
集団分析結果・集団の傾向の提示

= ストレスチェックと面接指導の実施に係る流れ =

  • 事業所
  • 嶺南こころの病院
事業所による方針の表明
衛生委員会で調査審議
  • 目的の周知
  • 実施体制(実施者等の明示)
  • 実施方法
労働者に説明・情報提供
嶺南こころの病院 ストレスチェックを実施
  • 一般の定期検診と同時実施が可能
  • 事前にお渡ししたストレスチェックを当院に記入後返送
労働者へ結果を直接通知(相談等窓口の情報提供)
職場ごとに集団的結果通知
  • 結果の通知ならびに相談・診察利用のご案内
  • 職場に開示する同意確認
産業医
相談・診察利用
必要に応じ、管理職・労働者への講義(別料金)
  • 生活指導やストレス対処アドバイスを行います
  • 労働者の同意があれば、職場との業務上の措置について検討を行います
  • 必要に応じ、就労継続に対し、職場担当者を交え、調節を行ないます(別料金)
継続治療・業務上措置
ストレスチェックと面接指導の実施状況点検・確認と改善事項の検討
  • ストレスチェックの保存
  • 結果等の利用目的・利用方法
  • 不利益な取り扱いの防止
  • 情報の取り扱いに関する苦情処理

SUPPORT02

メンタルヘルス研修⋅講演

管理者教育・ラインケア・リスク発生時等のスポット派遣

企業などの職場のメンタルヘルス対策において、部長・課長などの管理監督者が直属の部下にあたる労働者へ、個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みを支援します。

= メンタルヘルス研修・講演の流れ =

  1. STEP01

    ヒアリング
  2. STEP02

    簡易チェック
  3. STEP03

    研修内容策定
  4. STEP04

    基礎研修
  5. STEP05

    実践研修
  6. STEP06

    フォローアップ

= メンタルヘルス研修・講演 =

労働者のメンタルヘルスマネジメントは複雑化・多様化しています。各企業様で様々な対策を行なわれておりますが、「メンタルヘルス対策や研修といっても何をすれば良いかよくわからない」と悩まれる方も少なくありません。
そのようなご意見に応え、丁寧にご希望内容をヒアリングし、研修を行ないます。

感想

  • 誰に頼んだらいいかわからなかったが研修が無事終わった。
  • 希望した時間や人数、職種に合わせた研修内容を提案してくれるので研修会が実施しやすかった(管理監督者)。

= ポストベンション =

「職場で自殺者が出た。」不幸にして職場内でこのような事象が発生した場合、関係する労働者への対応のほか、職場内での雰囲気改善に努める必要性があります。
嶺南こころの病院のポストベンションは通常の講演以外に簡易検査を行ない、労働者のストレス状況の把握や高リスク者に対する面談も行なっております。

感想

  • 一方的な講義だけでなく、チェックシートで自分の状態が分かりやすかった。
  • 事故の影響で二次的に何が起こるか不安だったが、労働者の自己チェック、個別面接にてフォローしてくれ、労働者の調子が安定したので良かった。

SUPPORT03

職場環境コンサルテーション

職場におけるメンタルヘルス対策は、
  • 1不調者の事後対応
  • 2休職者の復職支援
  • 3不調を未然に防ぐ予防
があります。

しかし、メンタルヘルス不調の現れ方は様々であり、労働者それぞれの特性と職場環境もしくは職場以外のストレスによって起こるため対応がとても難しいことが考えられます。

嶺南こころの病院では職場環境コンサルテーションとして、企業様と契約を行ない、様々なサービスを提供いたします。

= サービス例 =

  • 休職者の回復具合の判断とペース調整、本人・上司への再発予防のアドバイス
  • 面談による不調者への評価・アドバイス(改善のための方法、受診の必要性の判断など)
  • 管理監督者や一般労働者に対する個別面接、定期講演等

感想

  • こちらの希望に合わせて内容を組み、一緒にやっていく管理監督者の考えを聞いてくれたので助かった。
  • メンタルヘルス不調者と下手に話すと症状が悪化するのがこわくてなかなか踏み込んだ話が出来なかったが、状態に合わせ個々の考えや特性を踏まえ、不調者本人の了解も得ながら事を進めてくれるので、具体的にどう対応すれば良いかを職場の事情も踏まえて本音を話しながら出来たので良かった。
  • 安全衛生管理者としてメンタルヘルスの講習を受けても個々の不調者の状態はなかなか判断しづらい。ましてや受診の促しはなかなかできないがそこを上手につないでくれるので助かっている。
  • 産業医がいてもメンタルヘルスに関しては専門外でストレスチェック後の面接を断られて困っていたが、各種検査を使い基準を明確にしながら不調者の面接をして改善のためのアドバイスや監督者との環境調節をしてくれるので安心している。

SUPPORT04

復職コンサルテーション

復職に向けての休職者・企業様 両立支援

精神的不調は「どのような経過で回復するのか」「職場復帰を受け入れる際どのような配慮が必要となるか」など、わかりにくい点が多いのも特徴です。
そこで、復職コンサルテーションとして以下のようなサービスを提供しております。

= 当院の復職コンサルテーションの特徴 =

従来あるような医師の診察時間の合間を縫って実施ではなく、事前より協議内容を話し合い、休職者・企業様の希望や不安な点を評価し、それにそって実施します。

実施上の留意事項

  • 病状や治療進捗を判断の上、実施させていただきます
  • 休職者、企業様双方の同意の元、所定の手続きを行ない実施します

実績

※別対象者で同一企業内10回以上の実施実績あり

復職コンサルテーション

Support User's Comments

実際に当院のサポートを利用した企業様よりいただいている感想をご紹介いたします。

衛生管理者の業務や心的負担の軽減につながった

利用サービス:ストレスチェック/職場環境コンサルテーション

企業内実施は、人間関係上の感情的な縺れが多く大変だったが、外部委託で軋轢は軽減された

利用サービス:復職コンサルテーション/職場環境コンサルテーション

管理者教育を含め、休職者の受け入れ側の対応方法も理解でき、復職安定率に繋がると思う

利用サービス:ストレスチェック/メンタルヘルス研修・講演/復職コンサルテーション

ストレスチェックの実施、不調者の相談、治療、復職連携など一元化できた

利用サービス:ストレスチェック/診察/復職コンサルテーション/職場環境コンサルテーション

For Medical Staff

受診相談・入院相談は生活支援部の相談員にお申し付けください。

当院の相談員はOT、PSW、CPなど様々な職種で構成しておりますので、各種制度以外にも多岐にわたる相談をお受けします。

= お問合せ連絡先 =

診療科目
精神科(再診) 金山 岡本 能登 稲光 高橋
精神科(初診) 岡本 金山 能登 稲光 高橋
閉じる