2020.03.18

保育日記

若狭の里公園に行きました

今日は小浜市にある、若狭の里公園に行ってきました。

朝方まで雨が降っていましたが、出発前には快晴となり、公園にもほとんど水たまりもなく、みんなで広い公園内を走り回ることが出来ました。

 

公園内には、大きな池があり、池の中にはたくさんのコイがいます。

 

池に面した四阿(あずまや)から池をのぞき込むと、エサをもらおうとコイがたくさん寄ってきます。

その光景に子どもたちは大喜びし、柵から身を乗り出して水面を見つめます。

一人の子が「エサあげる」と雑草を池に投げ入れると、他の子たちも真似て次々と雑草を投げ入れていました。

コイは雑草をつついてみるものの食べませんが、その姿も子どもたちには面白かったようです。

 

他にも、石の上を歩いたり、小高い丘に登ったり、木の椅子で椅子取りゲームをしたり、かけっこで競争をしたりと、所狭しと駆け回る子もいれば、ひたすら池のほとりからコイやメダカを見ている子、木を叩いて「大工さん」とごっこ遊びをしている子など、それぞれが自分なりの楽しみ方を見つけていました。

 

公園内には松ぼっくりがたくさん落ちており、皆で池に向かって投げる遊びもしました。誰が一番遠くまで投げられるか競い、3歳の男の子がかなり遠くまで投げることができ、保育者も驚かされました。

 

帰りには、「先生、またここ遊びにこような!」と子どもからのリクエストもありました。

 

滑り台やブランコなどの遊具があるわけではない公園ですが、子どもたちはあらゆる環境を遊びの道具にして楽しんでいました。

 

公園を出発する際には、松ぼっくりや木の枝、石ころ、木の実など思い思いのお土産を手に持ち、最後まで元気にあすいくに帰りました。

診療科目
精神科(再診) 金山 岡本 能登 稲光 高橋
精神科(初診) 岡本 金山 能登 高橋 稲光
閉じる